上海にて


by marathon_shin

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
マラソン
三平クリニック
グルメ
雑感
スポーツ医

未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

何年ぶりだろう学会発表
at 2017-08-11 18:25
お気に入り
at 2017-07-08 13:08
函館マラソンランニングドクター
at 2017-07-06 22:29
大規模救急救助訓練
at 2015-11-29 09:35
金沢マラソン
at 2015-11-18 22:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

奈良マラソン顛末記Ⅱ

さて一夜明けて当日5時半起床。夜はまだ明けておりません。前日支度してあったので余裕で準備終了。ホテルの朝食を6時半から摂りました。奈良マラソン出場者用のフロアで、約50人ほどいたでしょうか、粛々と食事をいたします。チキンな性格のため食欲は落ちておりわずかで済ませて、直通バスで会場へ
d0178668_1323984.jpg

なんと昨夜は雪が降ったようです。寒い中補助競技場のトラックでゆっくりとウオーミングアップを始めます。一キロほど走って辞めたのですが、寒くて寒くてまた走り出します。整列の号令がかかるまで3キロ走ってしまいました。昨日せっせと溜め込んだグリコーゲンを無駄に消費したのではと心配になります。中には集合最終号令の直前まで走っている猛者もいました。
d0178668_13896.jpg

スタート直前です。気温は3度有森裕子さんの激励スピーチもありみなさん気合を入れてGoです
d0178668_13105548.jpg

奈良のゆるきゃらといえば、枝野幹事長ではなく、せんと君ですね頭が重くてつらそうに見えます
9時スタート。緩くない下りをコントロールしながら走ります。前半2キロほどはとにかく下り、イケイケにならないように抑えてゆきます。3キロを過ぎてペースアップしようかと試みますが、アップダウンが微妙にあり思うに任せません。どんどん抜かれていきます。新大宮から奈良公園までの3キロほどのだらだらのぼりでは、途中合流した10kレースのランナーと並走するのですが、そちらに変更したいほど気持ちは上がってきません。そのままキロ5分をわずかに切るペースで走り続けていてなんとかペースに乗ったかとやれやれと思っていると、押し寄せてきました。長野マラソンでもあった尿意が!スタート前には何回もトイレ通いで準備万端のつもりでしたが、なんということ。我慢しきれず14キロ地点で排尿です。2分近くロスしました。その後は少しペースアップしたのですが、18キロ過ぎ天理市に入る山の上りで再びペースが落ちてしまいます。おまけに雪もちらほら。めげてしまいそうでしたが、大音量の音楽大好きなRCサクセションの雨上がりの夜空に、忌野清志郎さんにそっくりの方の激励で気持ちは上がります。帰路でも同じように激励していただきました。感謝です
天理市に入ると町がすごくきれいに整備されており応援も増えます。25キロの折り返しでは天理教の本部の大きな建物に圧倒されました。折り返してから帰りの上りがまたきつかったです。コース全体に言えるのですが平坦なところが少ない。上りでも、登り切って下りに入ったと思うと200mほどでまた上り、さらにはすぐに下りという風にペースの切り替えが大変でした。25キロから30キロで初めてキロ5分ペースを超えてしまいました。そこからは幸い下りが続いたためペースも上がったようです。辛いなりに前方のランナーをどんどん抜いてゆくことができました。現金なものでそうすると気持ちも前向きになります。さらに残り10キロで有森裕子さんの頑張れの檄とともにハイタッチをいただきさらに頑張れました。結局30キロから40キロが一番速かったようです。残り5キロからは春日公園に入り応援も半端でなく、ゴールまで続きました。沿道から、アミノ頑張れとか大塚頑張れと言われます。アミノバリューランニングクラブのシャツを着ていたためでしょう。こちらも感謝です。スタートと逆に1キロ続く上りをなんとかこなしてゴールとなりました。
d0178668_13364216.jpg

フィニッシャータオルは素敵なデザインでした。とにかくコースはタフです。珠洲のウルトラに比べれば、そうでもないかもしれませんが、ペースも上げるし、微妙なアップダウンは結構新鮮でした。もう一度参加する価値は大いにあると思います
d0178668_13403866.jpg

記録は最近のフルでは最も振るいませんでした。でも気温とコースを考えるとやむなきかなと思います。最後の10キロでペースを落とさず走れたことを評価したいです。
記録向上の近道は、膀胱コントロールでしょう
帰りはスムースに行きましたが、北陸道に入った途端降雪。日本は広いですね。
by marathon_shin | 2012-12-10 13:50 | マラソン