上海にて


by marathon_shin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
マラソン
三平クリニック
グルメ
雑感
スポーツ医

未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2015年 11月
2015年 10月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

何年ぶりだろう学会発表
at 2017-08-11 18:25
お気に入り
at 2017-07-08 13:08
函館マラソンランニングドクター
at 2017-07-06 22:29
大規模救急救助訓練
at 2015-11-29 09:35
金沢マラソン
at 2015-11-18 22:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:雑感( 32 )

とうとう来ました

2月1日はマイバースデイ。人生60年いわゆる還暦を迎えました。青春時代は、こんな時が来るとも予想だに出来ず、特に今のランニングおたくの姿は到底思いもしなかったことです。特別な日ということで、娘息子たちがお祝いの宴を催してくれました。
粟津温泉のとやで家族全員に孫を加えて6人の楽しい時間でした
d0178668_8342447.jpg

絶対に避けたかった赤い帽子とちゃんちゃんこです。家族におもちゃにされました。
d0178668_8372011.jpg

美味しい食事の後は定番のバースデイケーキです。蝋燭は6本、孫とともに吹き消しました。爺の幸せの瞬間です。恥ずかしくて口に出せないけど家族への感謝と自分の60年も悪くはないなあとの感慨に浸りました。
サプライズがもう一つ、職場の方々からプレゼントをいただきました。
d0178668_841308.jpg

愛用のシューズに合わせてasicsのジャージーです。幸福感に満たされました。
気持ちを新たに生まれ変わって邁進したいとの思いを強くしました
by marathon_shin | 2014-02-07 08:46 | 雑感

歌舞伎三昧パートⅡ

さて明くる日曜日11/24、朝はさすが東京、真っ青な雲一つない紺碧の空、久しぶりに外を走ることができました。ホテルから近い隅田川沿いに整備された隅田川テラスを両国橋まで行って戻ってくる約10キロのコースです。
d0178668_7531572.jpg

お気に入りのショットです。月島のウオーターフロントマンション群です。
d0178668_755873.jpg

定番のスカイツリーです。いつ見ても清々しくなります。東京にいたらこんな気持ちよく走れるのかと羨ましくなります。朝食済ませて今回の最終目的、新歌舞伎座に向かいます。出し物は仮名手本忠臣蔵、歌舞伎で最も人気の演目です。通しで観られれば良かったのですが、前半だけとなりました。
d0178668_12485094.jpg

歌舞伎座の前は私たちのようなおのぼりさんや修学旅行の中学生で大変な賑わいです。気持ちが盛り上がります。
d0178668_12555586.jpg

松の廊下刃傷沙汰もしっかりあります。塩治判官(浅野内匠頭)は尾上菊五郎、大星由良の助(大石内蔵助)は鬼の平蔵で知られる中村吉右衛門、高師直(吉良上野介)は市川左団次という豪華キャスト。三人とも素晴らしく男の色気を感じる演技でした。吉右衛門さんの断腸の思いを顕す小さな動きの凄味、あんなふうに年を重ねられたらいいのにと羨ましかったです。
日本の伝統芸能でおなかいっぱいになった連休でした。
by marathon_shin | 2013-11-27 13:07 | 雑感

歌舞伎と落語三昧

勤労感謝の日を含む連休は、上京していました。実はジム仲間の男性からぜひとも歌舞伎の手ほどきをと乞われまして、今回の旅となったわけです。東京新歌舞伎座の今月の演目は、仮名手本忠臣蔵、日本人が最も好むものです。通しで観たかったのですが、11/23夜の部は貸切ということで、泣く泣く昼の部のみとなりました。しかし、めげずに調べたところ明治座で公演があるということで夜の部チケットをゲット。結果的にはこれが当たりでした。
さらに、せっかくだからと落語も加えて計画しました。昼はまず上野鈴本演芸場での落語三昧、初めて聴く方が多かったですが、柳家権太楼さんが素晴らしかったです。あの表情と間はライブでないと味わえませんね。それから、びっくりしたのは二つ目の木りんさん。193cmのイケメン、まだまだ話はという感じですが、あの大関清国の息子さんとのことです。清国といえば私の中学高校時代もっとも贔屓の力士さんで、強烈な右おっつけときれいな立ち合いが思い出されます。
d0178668_13523464.jpg

思う存分笑った後は人形町に向かいます。美味しそうなお店が並ぶ甘酒横町を進むと、突き当りの、映画麒麟の翼の舞台であった浜町公園に隣接して明治座があります。中村獅童や市川右近が出演する3演目、団十郎十八番の一つ、毛抜、獅童の存在感なかなかでした。続いては右近の連獅子、鮮やかな舞いでした。最後は、岡本綺堂作の権三と彦十、世話物で江戸の長屋のドタバタが楽しく描かれました。アドリブも出たのです。一つは、彦十役を尾上松也さんが演じたのですが、この方は元AKBセンターの前田敦子さんと噂があるとのこと、そこで劇中女形役の方がフライングゲットのポーズをとり大爆笑。大当たりでした。連れの方も大満足でした。
d0178668_1412987.jpg

翌日はいよいよ歌舞伎座ですが、パートⅡとして後日報告します。
by marathon_shin | 2013-11-25 14:11 | 雑感

毎年の夜桜見物

今日は朝早くから風雨が激しく桜が散ってきています。さる4/5金曜日に娘と夜桜見物と洒落こんでまいりました。風もなく暖かく絶好の花見日和です。金沢城公園から入り一般の人の流れに逆行します。
d0178668_771932.jpg

おなじみ金沢城公園のお濠です。桜の回廊が美しかったです。石川門を経て百万石通りの風景
d0178668_7102411.jpg

金沢城公園を逆走したことによっていつもは視界に入らない見事な枝ぶりの木に注目
d0178668_7131627.jpg

幹の太さと複雑さに歴史を感じます。
兼六園に入ると更なる混雑。毎年カメラを向ける見事な松、今年も後ろに桜を従えます
d0178668_7162437.jpg

橋の上からのワンショット、ライトアップならではの幽玄美
d0178668_7184888.jpg

最後は、瓢池の見事な借景に見惚れて時間を過ごしました
d0178668_7211881.jpg
d0178668_72213.jpg

金沢に住める喜びをかみしめることができた2時間ほどでした。
by marathon_shin | 2013-04-07 07:25 | 雑感

怪物くん引退

少し前の事だけど、石川の雄、松井秀喜選手が引退しました。プロ野球黄金期の最後の大スター。大リーグに行ってからもその誠実な性格と真摯なプレーでアメリカの人からも尊敬の念を受けていた方。私にとっては、大好きな東京ジャイアンツ入団が決まった、ドラフト会議の興奮、テレビ観戦だったけどプロ第一号本塁打の感激、一度だけリアルタイムで観たドームでのホームランがとくに印象的でした。打った瞬間打球が消えた、数秒後に最上段席に打球が飛びこんだ。普通の軌道をはるかに超える美しい刺激的なホームランでした。今にも目に浮かびます。引退会見での言葉も、いつも通り誠実な思いやりのあるものでした。次は指導者として球界復帰を、できればジャイアンツでお願いします。
by marathon_shin | 2012-12-30 22:47 | 雑感

巨星

昨日からNEWSで流されていたようですが、今朝の新聞で初めて知りました。歌舞伎界の名門で世界にも活躍の場を拡げておられた、中村勘三郎さんが、ご逝去されました。今でこそ歌舞伎フリークの私ですが、そのきっかけは、三年前の秋金沢城公園内での連獅子を観たことにあります。そのあでやかな衣裳と親獅子の勘三郎の張りつめた緊張と懐の深い動きが、薪能のような雰囲気とあいまって珠玉の時間を過ごすことができました。特にクライマックスの毛振りの堂々たる演技には只々圧倒されました。
その後も歌舞伎座や平成中村座での公演に接する機会もありましたが、ここ二年間は闘病のため、大役をされることも少なかったようです。来年春の新歌舞伎座での演技を愉しみにしていたのですが、本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします
by marathon_shin | 2012-12-06 23:23 | 雑感

寒い夜は鍋にかぎるね

夜になり冷えこみが厳しくあられで車のウインドウが真っ白。身体も心も冷え込んだ処に、鍋料理が待っていました。生姜二本すりおろして鍋に放りこんで鰹とこんぶだしで味を整え具は、ニラ、キャベツ、エノキ、葱、しらたき、豆もやし、豆腐、それと豚ロース
兎に角身体が半端でなく温まります。野菜がすすみます。キャベツが特にイイですね。これからの季節お薦めです。さて、明日はどんなコートを着て行こうかな
by marathon_shin | 2012-12-05 00:20 | 雑感

冬将軍到来近し

今朝は目覚まし時計が鳴った7時近くになっても暗かった。もう少し寝ていたい、寒い。厚着の上にマフラー装着ウールのコートで出勤しました。11月中旬とはいえもう冬の気分です。
d0178668_8255572.jpg

自宅前遊園地の木々はすっかり色づき落葉も始まっています。いよいよ金沢の鉛色の冬の到来でしょうか?
とはいえ、食べ物もおいしいものが増えてくる季節ですし、大好きなコートを着られる季節でもあります。
前向きに過ごしたいと思います
by marathon_shin | 2012-11-12 08:29 | 雑感

百万石行列

今日は45年ぶりに百万石祭りのメインイベント、百万石行列を娘とともに観てきました。思えば中学2年新聞部の取材で、親父の愛用のカメラを無断で拝借して行列を追い掛け回したことを思い出します。以降はまったく祭りに参加することもなくこの年になってしまいました。どんな心境の変化か今年は見てみようと思い立ったわけです。
車では近づけないため、クリニックから歩いて市役所まで、うーん途中足が痛くなりました。いつも走っているのにどういうことと娘に突っ込まれる始末です。
d0178668_23315629.jpg

先ずは各町内会による加賀獅子舞、大きくて迫力があります。若者たちが楽しそうにパフォーマンスしていました
d0178668_23345444.jpg

加賀百万石といえばなんといっても火消し衆の加賀鳶、お見事な演技でした。間近で見ると緊張感と躍動感が大いに感じ取れます。その後前田家の皆様が登場。
d0178668_23391073.jpg

珠姫と利常公、かわいい演技でした。続いてまつ登場、旧い話題ですが真珠婦人で名を上げた横山めぐみさんが扮していました。あまりの艶やかさに見惚れてシャッターチャンスを逃してしまいました。
d0178668_23425366.jpg

さて主役の利家公登場です。今年は源義経役で有名な、川野太郎さんです。さすがにきりっとした二枚目格好良かったですね。
d0178668_23474032.jpg

行列の最後尾は利家が率いる織田信長家の赤母衣衆
行列が終わりますと香林坊通りは浴衣姿の集団で占められ、踊り流しが始まりました。
百万石祭りの印象は、市民による市民のための祭りで、何より市民の皆さんが愉しんでいるというものでした。来年も見て回ろうかな
by marathon_shin | 2012-06-02 23:52 | 雑感

連休後半は雨模様

ゴールデンウイークもいよいよ終わりですね。後半は天気が安定せず残念でした。この4日間はラフォルジュルネ金沢とランニングに明け暮れました。
ラフォルジュルネの今年のテーマは、ロシアの作曲家。たくさんの演奏が行われたのですが、私が聴いたのは、チャイコフスキーの2つの交響曲です。ひとつは日本でも悲愴の題名で有名な第6交響曲。今をときめく女性マエストロ西本智美さんが、台北市交響楽団を率いてのすばらしい演奏でした。立見席での鑑賞でしたが、まったく素敵な時間をすごせました
d0178668_1355220.jpg

カーテンコールでの観客の興奮が伺えますかね。5月5日は同志社交響楽団の交響曲第5番、こちらもオペラ指揮者として著名な現田茂夫さんの指揮で興奮した時間を過ごせました。私は、チャイコフスキーの交響曲では、5番がもっとも好きで、特に愉しめました。驚いたことは、同志社交響楽団の団員の80%は女性であったこと、皆さんきりっとした容姿で演奏もメリハリが効いて良かったです。
マラソンはというと、5月4日にウルトラマラソン常連の方のコーディネートの下、戸室山、キゴ山、湯涌、内川と凄い山岳コースを7人で雨の降る中休憩しながら、4時間半かけて38キロ走りました。
今日も午前中天気予報を無視して走り始めたのですが、激しい雷と土砂降りに見舞われました。
明日からの仕事に差し障らぬように休養します。ではまた
by marathon_shin | 2012-05-06 13:23 | 雑感